【これはすごい!】自分で自分の組立を行うロボットを3Dプリンターで製作。救助活動への活用にも期待!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1
p217-1
スポンサーリンク
人気のCADソフト

自己認識するモジュール式ロボットを3Dプリンターで製作

Hackadayのユーザーであるアルベルトが、Dttoと呼ばれるモジュール組み立て式のロボットを3Dプリンターで製作しました。ヘビのようなロボットは自己認識することができ、部品をマグネットで連結することができます。本当に面白いですね。実際に動いている様子が確認できるので。ぜひ本記事の最後にある動画もご覧ください。

Dttoは2016年のHackdayコンペティションで300,000ドルの賞金を獲得しています。汎用性があり、柔軟性があり、自己組立ができるDttoは、救助活動で活躍する可能性があります。

p217-2

Dttoは二重にヒンジで連結されており、それぞれの部品を接続し、1つのロボットすることができます。それぞれの部品はマグネットで連結されます。これは人間がコントロールしなくてもロボット自身で行うことができます。

これまでのロボットができなかったことも可能に!?

Dttoのスピードはかぎられていますが、ヘビのように這うことができます。これにより、車輪や脚が連結されているロボットができなかったことも克服できるでしょう。

p217-3

アルベルトはDttoにカメラや、超音波センサー、ジャイロスコープ、加速度計、磁力計などの更なる機能を付けることを計画しています。

動画はこちらからご覧ください。自分で分裂しています。・・・すごいです。

様々な使用分野が期待できそうなロボットですね。3Dプリンター、自己認識・・・テクノロージーの進歩は驚くものがあります。

詳細はこちらの記事をご覧ください。
Dtto: a modular 3D printed robot that can build itself

人気の3Dプリンター関連書籍
【これはすごい!】自分で自分の組立を行うロボットを3Dプリンターで製作。救助活動への活用にも期待!
この記事をお届けした
MIND 3D STUDIOの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
人気のCADソフト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはお気軽に

MIND 3D STUDIOのSNSフォロー
MIND 3D STUDIOのツイッター MIND 3D STUDIOのピンタレスト MIND 3D STUDIOのインスタグラム MIND 3D STUDIOのフェイスブック MIND 3D STUDIOのはてなブックマーク

DMM.make 3Dプリント
スポンサーリンク
人気のCADソフト