【世界初】無重力空間で使用できる3Dプリンター「AMF」 国際宇宙ステーションで使用

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
p259-1
スポンサーリンク
人気のCADソフト

3Dプリンター「AMF」は無重力空間で使用可能

宇宙で初めての商用3Dプリンターが稼働中です。Made In Space 社のAdditive Manufacturing Facility (AMF)が国際宇宙ステーションに送られ、宇宙飛行士が新しい3Dプリンターを設置し、試験運転をしています。

p259-3

世界で初めての無重力空間で使用できる3DプリンターのAMFは、国際宇宙ステーション内のツールやパーツ交換のために3Dプリントのために使用されます。そして、無重力環境において、3Dプリンターでレンチが製作されました。

p259-2

宇宙でパーツ制作が可能に。コスト削減に貢献

これにより、3Dプリンターが宇宙空間で使用でき、宇宙飛行士が必要なパーツを製作できることが証明されました。この3Dプリンターは、2014年に宇宙に送られ、2016まで試用運転されてきました。

NASAはコスト削減のため、宇宙ステーションに運ぶ消耗品をなるべく減らしたいと考えていましたが、この3Dプリンターでのレンチ製作の成功によって、大幅なコスト削減となり、さらなる宇宙探索の可能性が広がりました。

詳細はこちらの記事をご覧ください。
Space Station’s AMF 3D printer completes its first tool in space

人気の3Dプリンター関連書籍
【世界初】無重力空間で使用できる3Dプリンター「AMF」 国際宇宙ステーションで使用
この記事をお届けした
MIND 3D STUDIOの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
人気のCADソフト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはお気軽に

MIND 3D STUDIOのSNSフォロー
MIND 3D STUDIOのツイッター MIND 3D STUDIOのピンタレスト MIND 3D STUDIOのインスタグラム MIND 3D STUDIOのフェイスブック MIND 3D STUDIOのはてなブックマーク

DMM.make 3Dプリント
スポンサーリンク
人気のCADソフト