地球温暖化による被害が深刻・・3Dプリンターで製作したサンゴ礁が生態系を守る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
p341-1
スポンサーリンク
スポンサーリンク

3Dプリンターで製作したサンゴ礁

水生研究者たちがサンゴ礁を保護するために3Dプリンターで製作したサンゴ礁を導入しました。

プロジェクトはオーストラリアの団体であるReef Design Lab (RDL)とシドニーを拠点とする建築家のJames Gardinerが協力し、すでにバーレーンとモナコで成功の前兆が見られています。

サンゴ白化現象

3Dプリンターで製作されたサンゴ礁はサンゴ白化現象に対応する目的でデザインされました。サンゴ白化現象は、水温が上昇すると、サンゴポリプがサンゴを健康に保つ藻類を拒絶することで起こります。

藻類がなくなってしまうと、白化が進み、サンゴ礁を住処にする生き物が住めなくなってしまうのです。

3Dプリンターで製作したサンゴ礁が本物サンゴ礁を保護する

3Dプリンターで製作されたサンゴ礁が本物のサンゴ礁を保護し、他の生き物の暮らしを助ける代わりとなることが期待されています。

Reef Design Labは3Dプリンターで製作したサンゴ礁が本物サンゴ礁の代わりとして適していると自信を持っています。その理由として、若いサンゴポリプや他のサンゴ礁を住処にする生き物が3Dプリンターで製作したサンゴ礁に興味を持っている様子が見られるからです。

3Dデザインとプリント技術の自由度の高さから、建築家と研究者たちは驚くほど生き物に近い人口サンゴ礁を製作することができました。

環境にやさしい材料と3Dプリント技術の材料効率化によって、Reef Design Labは環境にやさしい方法で、サンゴ礁を守る活動が可能になりました。

動画はこちらから。
The Nautilus reef project

プロジェクトの最終的なゴールは、地元の砂を使用して、地元の会社や団体と3Dプリンターでさらにサンゴ礁を製作することです。

詳細はこちらの記事をご覧ください。
How 3D printed coral structures could help save our coral reef ecosystems

人気の3Dプリンター関連書籍
地球温暖化による被害が深刻・・3Dプリンターで製作したサンゴ礁が生態系を守る
この記事をお届けした
MIND 3D STUDIOの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはお気軽に

MIND 3D STUDIOのSNSフォロー
MIND 3D STUDIOのツイッター MIND 3D STUDIOのピンタレスト MIND 3D STUDIOのインスタグラム MIND 3D STUDIOのフェイスブック MIND 3D STUDIOのはてなブックマーク

DMM.make 3Dプリント
スポンサーリンク
スポンサーリンク