【これはすごすぎる!】3Dプリンターでコース料理を提供。見た目が楽しく、味もおいしい3Dプリント料理をお試しあれ【動画あり】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
p344-1
スポンサーリンク
スポンサーリンク

3Dプリンターで作るコース料理!?

FoodInkが7月25日から27日にロンドンで、3Dプリンターで作るコース料理(9コース)を出すことを発表しました。3DプリンターはFocusが使用されています。
ロンドンの前には、3Dプリンターで作った5つのコース料理をオランダで提供して、成功しています。

3Dプリンターで作った料理は、見た目が楽しく、多様的で、おいしい料理を提供できるので、将来的に専用レストランができると予想されています。

3Dプリンターで作った料理は、単に見た目が面白いだけでなく、例えば食べ物を噛んだり、飲み込んだりするのが難しい人々にとっては、3Dプリンターで作った料理は食べやすいものとなるので、将来的にはそういった方々の役に立ちます。

Focus3Dプリンターは、ホムス、チョコレートムース、パン生地、チーズなどのペースト状の材料を使用することができます。材料はカートリッジに入れられ、層状に押し出されます。材料を押し出した後、焼くなどの様々な調理が施されます。

実際に3Dプリンターでコース料理を作っている動画

動画はこちらからご覧ください。すごいですね。
Food Ink – The World’s First 3D-Printing Restaurant

なんと家具、そしてレストラン自体も3Dプリンター製!

さらに、料理だけでなく、テーブル、イス、ランプなど、レストラン自体も3Dプリンターで製作されます。これらは、GrasshopperプラグインのSilkwormを使用して、 Zaha Hadid-protégéと建築家のArthur Mamou-Maniによってデザインされました。フォークやスプーンなどの道具はポーランド人アーティストのIwona Lisieckaがデザインしました。

世界各地でイベントが開催予定。東京も。

いかがでしたでしょうか。
このロンドンでのイベントはすでに予約が取れない状態ですが、次にベルリン、ドバイ、ソウル、ローマ、ラスベガス、東京、シドニー、レイキャビクでも開催されるので、ぜひそちらに行ってみてはいかがでしょうか?

詳細はこちらの記事をご覧ください。
Food Ink. the first 3D printing restaurant to serve nine-course 3D printed dinner in London

スポンサーリンク
スポンサーリンク