BMWグループが3Dプリント部品の拡大を発表。さらなるコスト削減に期待

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
p349-1
スポンサーリンク
人気のCADソフト

BMWグループ3Dプリント技術を使用して積層造形を拡大していくと発表

ドイツのクルマメーカーであるBMWグループは、車産業における積層造形技術採用の先駆者です。

BMWは去年の11月に3Dプリント技術を使用して25周年を祝い、パーツ生産過程において、今後も積層造形の使用を拡大していく事を発表しました。

BMWは2012年から3Dプリンターで製作したパーツを使用

BMWはHPのMulti-Jet Fusionの使用を進めています。これにより、コストと生産時間を大幅にカットできると予想されています。

BMWは2012年から3Dプリンターで製作したパーツを使用してきました。

p349-2

ラグジュアリーブランドのロールス・ロイスの有名なモデルであるファントムでは10,000を超える3Dプリント部品が使われています。これらのパーツはハザードランプのプラスチックホルダー、電子パーキングブレーキ、ソケットなどに使われています。

新しい技術を活用することで、将来はさらに生産時間を短くすることができ、少ない道具で生産する方法を開発する可能性が高まります。

BMWグループは積層造形技術のパイオニアとして新しい技術を取り入れ、生産コストを抑え、顧客により速く製品を届ける工夫を続けています。

BMW Group to expand 3D printing for series components with planar 3D printing

人気の3Dプリンター関連書籍
BMWグループが3Dプリント部品の拡大を発表。さらなるコスト削減に期待
この記事をお届けした
MIND 3D STUDIOの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
人気のCADソフト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはお気軽に

MIND 3D STUDIOのSNSフォロー
MIND 3D STUDIOのツイッター MIND 3D STUDIOのピンタレスト MIND 3D STUDIOのインスタグラム MIND 3D STUDIOのフェイスブック MIND 3D STUDIOのはてなブックマーク

DMM.make 3Dプリント
スポンサーリンク
人気のCADソフト