ダイムラーが3Dプリンターを導入。必要なパーツをその場で製作しコストを削減!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
p394-1
スポンサーリンク
人気のCADソフト

トラックのスペアパーツを3Dプリンターで製作

世界最大のトラックメーカーであるダイムラーが、トラックのスペアパーツを製作するために3Dプリントを活用し始めます。AudiやBMWのように、ダイムラーも積層造形を採用するようです。

ダイムラーは9月からパーツを限定して3Dプリントを導入します。スプリングキャップ、マウンティング、エア・ケーブルダクトなどの簡単なプラスチック部品から導入を始め、ゆくゆくは、世界中のサービスセンターに3Dプリンターを設置し、金属やプラスチックパーツをその場で製作できるようにする予定です。

必要な部品をその場でプリントしてコストも時間も削減!

自動車会社は、古い車両のパーツも、新しい車両のパーツも用意しておかなくてはなりません。そのため、部品を取り寄せるための輸送料や保管料が必要になり、とても効率が悪く、お金もかかってしまいます。

しかし、3Dプリンターがあれば、必要な部品をその場でプリントするだけなのでコストも時間も削減することができます。パーツの輸送費も輸送時間も短縮されることで、ダイムラーは他のサービスを充実することができ、顧客の信用も獲得することができるのです。

会社にも顧客にもメリットが多い3Dプリンターの導入で、車業界のサービスがさらに改善されそうです。

詳細はこちらの記事をご覧ください。
Daimler keeps on trucking with 3D printing

スポンサーリンク
人気のCADソフト