3Dプリンターで製作されたロボット【Zizzy】がかわいらしい動きで和ませてくれます

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
p407-1
スポンサーリンク
人気のCADソフト

3Dプリンター製ロボット「Zizzy」

デザイナーのMichael Roybalが3Dプリンターで「Zizzy」というロボットを製作しました。Zizzyは日常生活で移動が制限される人々のためのプトタイプロボットです。

テーブルの上をスムーズに自由に動き回るようデザインされており、さらに話す、感情を表す、食べ物、水、スマホや携帯電話をアームで運ぶこともできるのです。

p407-2

さらに、Zizzyは事前にプログラムされた順序で動いたり、遠隔操作で動かすことができます。ユーザーの代わりに買い物に行ったり、荷物を運んでくれるという動作はできませんが、テーブルの上でかわいらしい動作をすることができ、和ませてくれます。

また、「顔」の表情が、まるで生きているかのように変化します。表情はユーザーの願いに応じて異なる表現をするようにプログラムされているので、Zizzyとのやり取りも楽しむことができるのです。

Zizzyのボディの材料は一般的なPLA(ポリ乳酸)で、アームなどはNinjaFlexフィラメントが使用されています。

実用化に向けて改良中

Zizzyはまだ実用的に使用できる段階ではないのですが、Roybalは実用化に向けて、デザインを改良しています。

p407-3

Zizzyの動画

Zizzy The Personal Robot

詳細はこちらの記事をご覧ください。
Getting to grips with ‘Zizzy,’ a 3D printed soft robot for those with limited mobility

スポンサーリンク
人気のCADソフト