オランダのホテルが会議場を3Dプリンターで製作。最先端だけど低コストで環境にやさしい

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
会議場を3Dプリンターで製作

オランダのホテルが、ニューヨークのセントラルパークやその他象徴的な場所の雰囲気を持つ会議場を3Dプリントで制作する予定です。

De Slaapfabriek Teugeは、12室のブティックホテルです。控えめなサイズのホテルですが、オランダのビジネスリーダーの間では人気となっています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

90平方メートルの会議場を3Dプリント

現在、このホテルは90平方メートルの会議場を3Dプリントで制作するために出資を募っています。オランダのクラウドファンディングプラットフォームのNLInversteertでホテルのオーナーはすでに108,000ドル以上集めています。

会議場が完成したら、プロジェクションシステムを使って、ニューヨークの講演や常夏のビーチを音付きで投影することができるようです。

環境にもやさしい

会議場を3Dプリンターで制作する主な理由は、二酸化炭素の排出を少なくとも40%削減して制作したいためです。オランダは環境に関して世界的リーダーであり、今回の新しい会議場は積層造形の環境へのメリットをアピアピールするいい機会です。

二酸化炭素排出を削減するだけでなく、3Dプリントは材料廃棄を75%以上削減することができ、材料の輸送コストを下げることもできるのです。

詳細はこちらの記事をご覧ください。
Dutch hotel’s 3D printed, cutting-edge conference center nears development

スポンサーリンク
スポンサーリンク