ヘリオットワット大学の研究者、3Dプリンタでヒト細胞をプリント!オーダーメイド医療の第一歩に

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1
バイオプリンティング
スポンサーリンク
人気のCADソフト

3Dバイオプリンティングの研究が進む

ヘリオットワット大学の研究者は、幹細胞を3Dプリンタ印刷することで突破口を見いだせると主張しており、それが個々人に合わせた薬物検査体制への道を開くこともできると言いました。なぜヒト細胞をプリントするかというと、この開発によって動物実験の必要性を減らすことが出来るかもしれないからです。

3Dバイオプリンティングは、3D印刷技術を用いて細胞のパターンを生成する処理です。工学・物理科学の大学の学校(EPS)で博士ウィルシュウ率いる研究チームは、繊細な幹細胞を扱うことのできる3Dプリンタを使用して研究をしています。

課題は、細胞を損傷しないように十分に穏やかな3Dプリンターを開発することでした。チームの報告書は、IOPジャーナルBiofabricationにも掲載されました。博士シュウは「この研究は、ヒト人工多能性幹細胞を実証する最初のものになります。それは生物学的機能に影響を与えることなくバイオプリントすることができ、成人患者自身の細胞由来の幹細胞であり、当社の3Dプリントプロセスによって穏やかにこれを実現します」と言っています。

3Dプリンタを使った細胞印刷技術はオーダーメイド医療の第一歩

この研究がうまくいけば、患者が個々のニーズによって最も効果的な薬を受けられるよう助けることも可能となってきます。この技術はオーダーメイド医療の第一歩になるかもしれません。今後の技術の進歩がとても楽しみです。

バイオプリンティング

詳細はこちらの記事からどうぞ。
Heriot-Watt researchers print 3D human cells

人気の3Dプリンター関連書籍
ヘリオットワット大学の研究者、3Dプリンタでヒト細胞をプリント!オーダーメイド医療の第一歩に
この記事をお届けした
MIND 3D STUDIOの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
人気のCADソフト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはお気軽に

MIND 3D STUDIOのSNSフォロー
MIND 3D STUDIOのツイッター MIND 3D STUDIOのピンタレスト MIND 3D STUDIOのインスタグラム MIND 3D STUDIOのフェイスブック MIND 3D STUDIOのはてなブックマーク

DMM.make 3Dプリント
スポンサーリンク
人気のCADソフト